お金を借りる

MENU

今の時代ネットでお金を借りるならスマホ・PC・携帯で申込完結可能なのです

 

会社で就業していながらお金を借りるときに便利なのが携帯・スマホです。今の時代は携帯・スマホで申込から借入まで可能なのです。現金が必要な時はもちろんATMまで出向く必要がありますが、契約が済んでいればATMはいつでもいけますから申込手続きがすべて携帯・スマホでできるというのがカードローンのメリットです。

携帯・スマホで申込めるメリットは、場所を選ばないということで、会社で就業中でもデート中でもいつでもどこでも申込めます。あとは何で選ぶのかと言うことですね。

スマホ・携帯でお金を借りる場合のコンテンツ検索

PC・スマホからお金を借りるBEST4
高額のお金を借りたい
今すぐ!お金を借りたい!
今日会社休みだけどお金を借りたい!
専業主婦でもお金を借りれる?
無利息期間付でお金を借りたい!


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

PC・スマホ・ガラケーでお金を借りる事のできるカードローンBEST4

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

PC・スマホ・ガラケーでお金を借りる事のできるカードローンとして一番便利だと編集部が選んだのはプロミス。その理由は、
  • 誰にもバレずにお金を借りれるWEB完結も対応可能。
  • 即日融資の可能性が高い(即日振込・即日カード発行)
  • 消費者金融中でも金利が低い(最高金利17.8%で他は18.0%が多い)
  • 初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)がある
  • レディースキャッシングも用意されている数少ない業者
プロミスのカードローンを持っていないのなら申込むのは必然ですね。
(※即日振込は平日14:00までの契約完了が必要で審査結果によります)
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

アコムもプロミスと変わらないサービスを展開する優良なカードローンです。
  • 即日融資の可能性が高い(即日振込・即日カード発行)
  • プロミスよりも少し最高金利が高い(プロミス17.8%でアコムは18.0%)
  • 最大30日金利ゼロサービス(契約日から30日)がある
  • 消費者金融唯一のアコムマスターカードも用意されているので審査に有利
プロミスとの少しの違い(最大金利など)で次点になりましたがネームバリューはアコムは絶大です。
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
SMBCモビット
SMBCモビットはアルバイト・派遣社員・パート・自営業の方でも定期的収入のある方なら審査を受けることができます。ネットのみの電話連絡なし・自宅郵送物なしで融資まで完結できる(審査結果による)『WEB完結』のサービスがあり、金利も年3.0%〜18.0%最大800万円まで借入可能になっています。
会員専用サービス『Myモビ』より領収書もダウンロードできるので家族に知られることなく借入・返済・管理が可能です。
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 2.2%〜17.5%
限度額 最高 800万円
ベルーナノーティス
ベルーナグループ
ベルーナノーティス

実質年率 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜300万円
目次

スマホだけでお金を借りれる新サービス開始

カードローンは今までカードがないと、ATMでの借り入れはできませんでした。申込日の即日融資に関しても、カード発行できないとその日に融資は受けられないと言う状況でした。

 

 

しかしカードレスでスマホだけでお金を借りれるサービスが、プロミスとSMBCモビットで開始されました。


 

 

  • プロミスのサービス名はアプリローン
  • SMBCモビットのサービス名はスマホATM取引

となっていますが、どちらもサービス内容は同じです。


 

 

これはセブン銀行のATMで、スマホのみで借り入れできるサービスなので、カードを発行する前でも契約完了していれば借り入れも可能です。

 

 

また財布を忘れたときや、カードを持っていなかった時でも、スマホさえあればアプリでお金を借りることが出来るのです。


プロミスのアプリローン・SMBCモビットのスマホATM取引の始め方

どうのようにするのかというと、まずスマホでアプリをダウンロードします。プロミスの『アプリローン』場合で説明していきます。

 

 

ダウンロードが終わればアプリを起動してください。するとカード番号と、カード暗証番号を入力してログインする画面が出てきます。

 

既にカードを持っている場合は、カード番号と暗証番号を入力してログインしておきましょう。カードを忘れた時にアプリローンを利用しようとした時、ログインしておけばスマホがカード番号などを記憶してくれているので便利です。

 

申込んだ日に契約が終わってすぐスマホで借りたい方は、契約時にカード番号をオペレーターに聞いておき、スマホでアプリをダウンロードして、セブン銀行に行くようにしてください。

 

セブン銀行ATMでのアプリローン・スマホATM取引の手順

セブン銀行ATMでのアプリローン・スマホATM取引の操作手順は簡単です。操作も5分も掛からずお金を借りることが出来ます。

 

 

セブン銀行ATMにきたら画面をタッチして、アプリを立ち上げスマートフォンでの取引をタッチします。

 

 

出力されたQRコードをスマホアプリで読み取ります。

 

 

スマホアプリに企業コードが出力されますので、セブン銀行ATMに入力します。

 

 

借りたい金額を入力します。

 

 

以上で借り入れ完了です。スマホだけでお金を借りれると言う利点は、

 

 

  • カードを忘れた時
  • 申込んだその日にお金を借りたいけどカード発行が出来ない時

 

だけに便利な訳ではないのです。それは、

 

 

  • お金が必要だけど今持っていない
  • 財布を忘れた

 

と言う時にも活躍してくれるのです。

 

 

そんな時までいちいち借りたい訳じゃないから・・・


 

という方もおられるでしょうが、プロミスなら借りたことをなしに出来るのです。え?どういうこと?ってこえが聞こえてきそうですが、プロミスなら借りたその日に返済すれば利息は付きません。

 

お金を忘れただけなら家に帰ればあるという事ですから、すぐに返済すればいいのです。アプリローン(スマホATM取引)はATM手数料が掛かります。1万円以下なら108円、1万円超過なら216円掛かりますが、銀行ATMでも引き出しに時間外ならATM手数料掛かりますよね。

 

返済を手数料の掛からないプロミスのATMか三井住友銀行ATMで返済すれば、利息はゼロなのでセブン銀行ATMの手数料だけで1日借りることが出来るのでぜひ覚えておくといいでしょう。

高額のお金を借りるなら銀行の低金利ローン

高額なお金を借りるなら審査のスピードやサービスよりもまず第一に金利のことを考えなければいけません。もちろん表記金利だけでなく、借入希望額に応じた適用金利を見て決めなければいけませんが、以下の二つがどの借入額帯も金利が低かったのでこの順位になっています。

高額借入ならこの低金利の銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

TPOに合わせてお金を借りる

今すぐお金を借りたい!

今すぐお金を借りたい場合は曜日時間を気にする必要があります。そもそも即日融資サービスがないカードローンでは今すぐお金を借りたいという要望を満たすことはできません。

もう夕方><今からスマホ・携帯でお金を借りたい

振込可能時間が過ぎてしまっているので今すぐお金を借りたいのなら自動契約機があり、即日カード発行できるカードローンを選ばなくてはいけません

カードローン名 自動契約機名 台数 申込
プロミス

自動契約機

プロミス・三井住友銀行両方の自動契約機で業界圧倒的多数

アコム

自動契約機(むじんくん)

プロミスに次ぐ設置台数多数

SMBCモビット

ローン申込機

都心では探すのには苦労しないほどの設置台数

(※即日カード発行は審査結果によります)

今日中に振込んでもらいたい

今日中に振込んでもらう為にはまず平日であることが大前提になります。そして即日振込のサービスがあり、振込可能時間までに審査・オンライン契約を完了しておく必要があります。

カードローン名 即日振込の条件 申込
プロミス 平日14:00までにオンライン契約完了
三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら24時間365日可能な瞬フリがあります。詳しくはHPで。)
アコム 平日14:00までにオンライン契約完了
楽天銀行なら24時間365日可能なサービスがあります。詳しくはHPで。)
SMBCモビット 平日14:50までにオンライン契約後に振込手続き完了
(24時間365日可能なサービスなし

(※即日振込は審査結果によります)

プロミス・アコムなら振込融資の範囲も広がる

プロミス・アコムなら銀行口座によっては24時間振込可能なサービスがあります。

  • プロミス・・・瞬フリというサービスで三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座を持っていれば曜日関係なく24時間最短10秒で振込可能。
  • アコム・・・アコムは楽天銀行と提携しているのでで楽天銀行の口座を持っていれば曜日関係なく24時間最短1分で振込可能。(メンテナンス時間を除く)
平日の午前中

平日の午前中ならまだ時間に余裕がありますので即日振込・即日カード発行ともに可能な時間帯なので低金利なところを選びましょう。しかしながら審査スピードも考慮して確実に即日融資を完了するのがベストです。

カードローン名 即日振込 即日カード発行 審査スピード 申込
プロミス

★★★★★

アコム

★★★★

SMBCモビット

★★★★

今日会社が休みだけどお金を借りたい!

お金を借りる際には審査の最終段階で必ず、

 

 

申込者の会社に電話して在籍の確認を取るのが必須事項となっています。


ですので勤務先の会社が休業日だとこの電話確認が取れずに、審査が終了しないということになりその日に借りることが出来ません。

プロミスのWEB完結申込なら会社の休みの日でも申込・審査が可能

 

    プロミスなら在籍確認を電話以外の方法で済ます相談が出来るので会社の休みの日でも申込・審査が可能なのです。


プロミスの在籍確認を電話以外の方法で済ます相談で会社の休みの日でも安心
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

無利息サービス付でお金を借りたい

どうせお金を借りるなら、利息の軽減に直接的に働きかける無利息サービスが付いているところで借りたいですよね。

 

 

特に早期返済予定の借入ならこの無利息サービスは絶大な効果を発揮します。


例えば無利息期間が30日あり、25日で完済できるのであれば利息は実質ゼロです。

 

そんな無利息サービスを提供しているカードローンは以下の二つ。

 

無利息サービスで選ぶなら
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

銀行カードローンでお金を借りることの変化

専業主婦でもお金を借りる事はできるんですか?

 

基本的に本人の収入がなければお金は借りる事ができません。当然ですよね?返す当てもない人に貸すお人よしの業者なんていません。

 

 

消費者金融などの貸金業者では総量規制により収入のない専業主婦は門前払いされてしまいます。


 

しかし専業主婦の場合は収入がないとは言っても、

 

 

配偶者に収入があるりますし、基本それを使える立場にあるといえます。


 

そうです、配偶者に収入があると返す当てがあると見なされる訳です。ですので、今までは総量規制の対象外である銀行カードローンでは、一部専業主婦の申込を受け入れているところがありました。

 

ところが2017年に、総量規制以降減少し続けていた自己破産者が増加し、金融庁が懸念して調査すると、銀行カードローンの貸付残高が消費者金融に取って代わって増加していたのです。

 

 

総量規制施行(2010年)以前は貸金業者の貸付には届きませんでしたが、自己破産者を減らすために過度な貸し出しを制限されている貸金業者に成り代わって、制限のない銀行がジャブジャブ過度な貸付を行っていたのです。

 

 

 

金融庁もこれは銀行カードローンを規制しないと自己破産者がどんどん増えてしまう事を危惧し、銀行側と協議して規制や自主的な制限を促すようにしたのです。


銀行カードローンでおまとめローンとしてお金を借りることは自己破産への入り口

 

まず規制を受けたのはおまとめローンです。

 

 

複数借り入れをまとめて金利も低くなるからこれはいい貸付なんじゃないの?


 

銀行カードローンのおまとめローンは、お金を借りてから既存の借入先に返済するかどうかは利用者のさじかげんになります。そうなるとまたあるお金を返済せずに使ってしまうパターンが多いので、問題となっている訳です。

 

借りたお金でしっかり既存借入先に返済したとしても、月々の返済額が減って余裕が出来た事と、既存借入先に完済したことにより再びできた借入枠により、再度借り入れをしてしまうと言うパターンもあります。

 

 

こういった経緯により、自己破産してしまう方が最も多いので、金融庁もここから規制に着手せざるを得なかったのです。


安易に借りれることを連想させる即日融資と収入のない専業主婦への貸出にも赤信号

 

即日融資も銀行なのに申込んだその日に、保証人も担保もなしで借り入れるという手軽さが、利用者に安易にお金を借りれると連想させる事を金融庁は問題視し、

 

 

事実上銀行カードローンが即日融資出来ないように、審査過程で警察庁の反社会勢力データベースに利用者が載っていないかチェックする事を義務付けました。


 

ですので銀行カードローン全てに即日融資のサービスはなくなり、早くても申込から二日以上は融資まで掛かる事になりました。

 

更に収入のない専業主婦への貸し出しも、全銀連に自粛を要請しました。ですので現在ほとんどの銀行カードローンでは、

 

 

専業主婦の申込は出来なくなっています。


 

一部申込の地域制限のある地方銀行ではまだ専業主婦申込可能なカードローンを見かけるものの、全銀連の幹部であるメガバンクのカードローンでは、専業主婦の申込できるところは皆無です。

メガバンクノカードローンの専業主婦申込可否
三菱UFJ銀行カードローン 以前まで専業主婦申込可能だったが申込不可に変更。
りそな銀行カードローン 以前より専業主婦の申込は不可。
みずほ銀行カードローン 以前まで専業主婦申込可能だったが申込不可に変更。

 

こういったことにより、以前より銀行カードローンの利用用途はほぼ限られてきており、

 

 

急ぎでない場合の用途で、高額借り入れで低金利を希望する際の、本来の銀行貸し付けの状態に戻っていると言えます。


土日でもお金をネットで借りるならスマホ・PC・携帯で申込能

振込対応のみのカードローンの場合

土日にお金を借りたいと思っているのであれば、まずは必要な物を用意することになります。スマホを利用して簡単に申込み自体はできるようになっているのですが、振込先が対応していないことには意味が無いのです。そのためまずは借りる会社に対応している銀行口座を作ることになります。

 

銀行口座さえ用意していれば、平日と同じような対応をしてくれるので問題なく借りられるでしょう。どの口座に対応しているかは会社ごとに異なっているため、対応していない口座を持っていても意味はありません。一応この銀行なら24時間振込が対応できますということが記載されていれば問題はありません

 

その口座を用意して振込先に指定しておけば、対応しているために土日でも振込対応が行われます。後はATMを利用して出金するだけで問題はありません。スマホを利用すれば外出先でもこの手続きが出来るようになりますし、夜でも対応できる利便性があります。

>>即日融資も役立つ口座は?

 

そのため外出先でお金を借りたいと思っているなら、その前日までに必要な口座を用意しておかなければなりません。当日中に申込みを行って振込をすることもできるので、自分が持っている口座に対応している会社を選択する方法も当然あります。

 

最初から手続きをしなければならない状態なら、自分の持っている口座を確かめて、土日でも振込対応が出来る会社を選択して申込みを行ってください。審査基準自体は大体同じですから、どの会社を利用しても問題はありません。

 

後は振込の対応をしてもらうだけです。ある程度早い時間帯に申込みを完了させなかった場合、振込が行えない場合もあるので注意してください。ただ振込の対応自体は結構遅い時間までやって貰えるので、対応している口座さえあれば大丈夫でしょう。

 

土日でもお金を借りる方法は同じだということを知ってほしいですが、対応している銀行が無ければ借りられないことを考えておき、振込に対応できそうな会社から借りるという方法も考えてください。

自動契約機でカード発行を行う場合

自動契約機のあるカードローンに申込む際は銀行口座の対応を気にする必要はありません。審査がその日のうちに完了すれば最寄の自動契約機で即日カード発行ができ、その場でATMで手数料無料で引き出しが可能です。土日の即日融資で注意したいのが

 

 

土日に在籍する会社は営業しているのか?


ということです。振込みでも自動契約機のカード発行でも審査が完了しなければ融資は不可能です。その審査の最終段階で行われるのが、

 

 

在籍会社への電話での在籍確認が休みだと完了しない


ということになりますので注意が必要です。プロミスなら電話以外の方法で済ます相談が出来るので土日祝日に心強いカードローンとなります。

スマホでお金を借りた後は返済の事も考えておこう

スマホでお金を借りた後はやることは一つ、それは

 

 

しっかり返済していく事です。


簡単なようですが、ここで躓く人も多数居るので多重債務や自己破産に陥る人が居るのです。まず返済状況を無計画でお金を借りた方はこういった状態に陥りやすいので、しっかりと返済計画を立てておくことが重要になります。まず物理的に、

返済金額の目安=収入−必要経費
少し余裕を持っておきたいですが、最低限でもこれはクリアしておきたいところです。

ギリギリでも返済は滞りなく回りますが、不測の事態が起きた時にはこの歯車が狂ってくる事になります。ですから上記のように少し余裕があった方がいいと思います。

 

仕方なくギリギリで回す際には不測の事態が起きた時の事も考えておきましょう。そうなった時に考えた対処策は必ずと言っていいほど更なる失敗を招きます。具体的には、

 

 

  • 追加融資を受ける
  • 総額を貸してくれる親・親類・友達を確保しておく

どちらも最終手段ですがギリギリで返済をまわす場合は致し方ない方法です。

信用情報機関の役割と連携

キャッシングの申込みを行った際には必ず審査がありますが、この審査では必ず信用情報を参照して、総量規制に達していないか、また過去に問題を起こしたことはないか、といったことを確認しています。この信用情報は信用情報機関に記録されており、現在日本には

 

 

  • JICC
  • CIC
  • そしてKSC

の3つの信用情報機関があります。JICCは主に消費者金融系の情報を、CICは主に信販(クレジットカード)系の情報を管理しており、共に国に指定された信用情報機関です。KSCは主に銀行や信用金庫系の情報を扱っており、指定機関ではありませんが、銀行や信用金庫が多く加入しています。

 

金融機関は加入している信用情報機関から信用情報を参照することができます。

 

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシングには総量規制が適用される為、それらの金融機関は必ずJICCかCICのどちらかに加入することが義務付けられています。


信用情報機関はお互いに所持している情報を交換することが認められており、その為のCRINという情報交換ネットワークがあります。よって、どの機関でもほぼ同一の情報を所持していると考えてください。この情報交換によって、どの金融機関からでも全ての借入れ情報が確認できることになります。

 

例えばJICCにしか加入していない消費者金融では、この情報交換が行われていないとクレジットカードを使ったキャッシングを利用していても、それが把握できません。その為、総量規制をオーバーした融資を行ってしまう可能性があります。

 

 

そのようなことが無いように、この3つの信用情報機関はお互いに情報を交換し合っているのです。


各信用情報機関に記録されている信用情報は、本人のみ開示請求を行うことができます。キャッシングの審査で落ちてしまった場合やクレジットカードが作れなかったような場合、この信用情報が原因のことがあります。

 

そのような場合に自分の信用情報を見ることで、どこに問題があったのかを確認することができます。この開示請求については、各信用情報機関のホームページにその請求方法が記載されています。1000円程度の手数料が掛かりますが、もし信用情報で気になることがある場合、一度確認してみてもいいでしょう。

更新履歴