お金を借りる 携帯で

MENU

名古屋銀行でお金を借りる

名古屋銀行沿革

名古屋銀行は、愛知県を中心に多数の店舗やATMを展開している地方銀行ですが、地域で暮らす個人はもとより、企業などのような法人に対しても様々な金融商品で法人活動をバックアップする銀行として知られています。

名古屋銀行のカードローン「御用達くん」

そんな名古屋銀行のカードローンといえば、「新ミニマム」と「御用達くん」の二つが主力商品となっています。このうち、「御用達くん」は本人に収入のない専業主婦であっても利用を申し込むことができるカードローンです。

 

専業主婦であっても冠婚葬祭など突然まとまったお金が必要になる場合があるものですが、そのような場合でも「御用達くん」なら手軽にカードローンを申し込むことができるというメリットがあります。

 

なお、「御用達くん」で借り入れできる融資可能額は最高で50万円までとなっており、あまり高額の借入ができない反面、返済のしやすさを前面に押し出したカードローン商品となっています。

 

その反面、カードローンの申し込みに関しては直接名古屋銀行の店舗まで足を運ぶ必要があり、インターネットなどを介して仮申し込みもできないという側面があります。すぐにお金が必要だとしても、店舗まで行かないと契約ができないという点は注意が必要です。

名古屋銀行のカードローン「新ミニマム」

名古屋銀行のもうひとつのカードローン「新ミニマム」は、「御用達くん」と異なりインターネットなどで仮申し込みを行うことができます。ただし、あくまでも「仮」申し込みですので、インターネットだけで本契約をすることはできません。

 

「新ミニマム」で借入できる融資可能額は最高で200万円までとなっており、「御用達くん」に比べワイドな利用額が特徴です。適用される金利については固定金利で年10.0%ですが、住宅ローンや給与振込などの取引実績によって金利の割引を受けることができます。

 

名古屋銀行の商品資料には利用条件として「名古屋銀行内に口座を持っていること」というものがありませんが、「新ミニマム」を利用する際には事実上口座がなければ利用できないのと同じですので、そういった点も注意しましょう。

 

関連ページ

大東銀行でお金を借りる
七十七銀行でお金を借りる
第三銀行でお金を借りる
第四銀行でお金を借りる
十六銀行でお金を借りる
十八銀行でお金を借りる
東邦銀行でお金を借りる
静岡銀行でお金を借りる
東和銀行でお金を借りる
清水銀行でお金を借りる
千葉銀行でお金を借りる
静岡中央銀行でお金を借りる
肥後銀行でお金を借りる
京都銀行でお金を借りる
紀陽銀行でお金を借りる
西京銀行でお金を借りる
関西アーバン銀行でお金を借りる
但馬銀行でお金を借りる
滋賀銀行でお金を借りる
常陽銀行でお金を借りる
近畿大阪銀行でお金を借りる
神奈川銀行でお金を借りる
西日本シティ銀行でお金を借りる
ソニー銀行でお金を借りる
愛知銀行でお金を借りる
阿波銀行でお金を借りる
スルガ銀行でお金を借りる
きらやか銀行でお金を借りる
中国銀行でお金を借りる
東日本銀行でお金を借りる
阿波銀行でお金を借りる
徳島銀行でお金を借りる
香川銀行でお金を借りる
愛媛銀行でお金を借りる
高知銀行でお金を借りる
四国銀行でお金を借りる
福岡銀行でお金を借りる
筑邦銀行でお金を借りる
福岡中央銀行でお金を借りる
長崎銀行でお金を借りる
佐賀銀行でお金を借りる
佐賀共栄銀行でお金を借りる
熊本銀行でお金を借りる
セブン銀行でお金を借りる