お金を借りる

MENU

申し込んでから借りるまでの流れ

お金を借りるための流れとしては、まずはどこから借りるのかを決めることから始まります。親や兄弟といった身内からお金を借りるということであれば、何に使うのかを相談して必要な金額を伝えてお金を出してもらいます。

 

 

身内や知人には相談し難いなぁ・・・


この段階で必要な金額を親や兄弟が現金として持っていればその場で出してもらうことができますが、そうでなければ銀行などからおろしてからになりますので、即金というわけにはいきません。

金融機関でお金を借りるメリット

また、お金の使い道によっては貸してもらうこともできない場合も十分考えられますので、このあたりについては相談してみてからの判断となります。できるだけ早くお金を借りたいということであれば、消費者金融や銀行などに相談することになります。

 

 

予想できない出費でお金が必要な時は本当に助かるなぁ。


「業務」として融資を行っている消費者金融や銀行のフリーキャッシングの場合、申し込んだ人のお金の使い道だけで融資ができないという判断を下されることはありません。お金を借りる先が決まればさっそく申し込みです。

申込手順について

申し込みに際しては、運転免許証などの身分証明書と、必要に応じて収入証明書を用意します。収入証明書については原則として不要となっている場合が殆どであるものの、お金を借りる金額によっては用意しなければならない場合もありますので、

 

 

収入証明書に関しては申込む前に確認しておくほうが賢明です。


申込書類に記入して必要書類と併せて申し込むと、その内容をもとに審査が行われます。これは、申し込んできた人に融資をしても大丈夫かどうかを判断するために行われるもので、ここで問題ないと判断されればお金を借りることができます。

 

審査が開始すると、その後は基本的には業者からの連絡待ちとなります。書類に不備があった場合や不明点などがあればその都度、業者から連絡が入りますので常に連絡がとれる状態にしておけば、

 

 

審査時間に影響がでることもありません。


申し込みから審査結果が出るまでの時間としては、審査の最終段階である在籍確認も含め平均すると1時間前後ですが、業者の営業時間外に申し込んだ場合については必ずしもその限りではありません。

 

お金を借りれるカードローンを条件で絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関