お金を借りる

MENU

総合支援資金貸付でお金を借りる

ハローワークによる支援が総合支援資金貸付

自力で生活することを望んでいるものの生活資金がないためにそれが難しい人がいます。そのような人を助ける目的で制定されたのが総合支援資金貸付です。

 

この支援金は社会福祉協議会とハローワークによる支援の一つです。しかし申し込み者が生活の再建が可能であることが証明できなければこの支援金を受けることはできず、決して簡単に受け取ることができるものではありません。

返済能力も貸付の判断の重要材料

またこのお金は基本的に返済すべきものですので返済能力がないと判断されれば支給されることはありません。そのため申し込み資格の中には「住居を有していること」というものがあり、現時点で踏み倒しや持ち逃げの可能性がないことを確かめられます。

総合支援資金貸付は連帯保証人が必要

また原則として連帯保証人が求められます。連帯保証人が確保できた場合は貸し付け金に対しての利子は基本的にありません

 

しかし連帯保証人が確保できない場合は利子を支払う必要があります。このケースでの利率は年1.5%となります。最長で12ヶ月に渡って受け取ることができる総合支援資金ですが返済期間は最後の総合支援資金が普及されてから20年以内で、それまでに全額返済しなければなりません。

支援金を得ている間は生活を再建するのが義務

総合支援資金の額は2人以上世帯で月額20万円です。そして単身ですと月額15万円となります。この支援金を受け取っている期間は受給者にとって忙しいときとなるはずです。

 

なぜならこの支援金を得ている間に生活を再建するための手段を見つけることがその人の義務だからです。