お金を借りる 携帯で

MENU

労金でお金を借りる

労金でお金を借りるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。まずは、労金の会員について。

 

これは、多くの労働者や生協会員の人が労金の会員であり、また、自分が勤めている会社に労働組合がなくても、基本的には会員になる事は可能です。労金でお金を借りる場合、会員でなくても可能になっていますが、金利の優遇の事を考えると是非、会員になる事をお勧めします。

 

このように、会社員なら誰でも利用する事ができる労金。次に気になる事は、申し込み条件になってきます。

 

労金の場合、一般の金融機関より審査が厳しいと言われ、また、審査機関も長い傾向にあります。なので、審査を申し込む際は、この点を理解した上で申し込む必要があります。また、条件としては、勤続年数は最低1年以上で自営業の場合は、最低3年。

 

年収は150万円以上で継続して安定収入を得る事ができている人になっています。年齢においては、18歳〜65歳と少し緩い基準になっています。また、労金の場合、保証人が必要になってくることも多いようですが、実際は、保証人なしでも融資を受ける事は可能になっています。

 

労金の場合、労金独自の保証機関があり、そこに保証を付けてもらう事で、万が一の保証ができ保証人が必要ではなくなるのです。しかし、その際は、保証器官に支払うお金を金利に上澄みされるため、保証人がいる場合と違い金利が少し高くなります。

 

これらのように労金について理解した上で融資を受ける事がポイントになってきます。また、労金の場合の最大のメリットは、低金利。とにかく安い金利でお金を借りる事が可能になっています。反対にデメリットは、対応の遅さです。銀行系のカードローンなどでは、最近、最短30分で融資可能と言ったところまで存在します。

 

しかし、労金の場合は、本当に融資までには時間がかかります。正直、驚くほど遅い場合もあります。なので、いつお金が必要なのかによって利用するかしないかを判断する事も必要になってきます。