お金を借りる

MENU

交番でお金を借りる

帰りの電車代が・・・って時に交番でお金を借りれる公衆接遇弁消費

外出先で、財布を無くしてヒヤッとした経験をしたことはありませんか?帰りの電車賃を貸してくれる知人もおらず、途方に暮れているときなどの救世主が「公衆接遇弁消費」です。

 

 

帰りの電車代がない!!


この聞きなれない言葉ですが簡単に言うと交番でお金を借りることができる制度なのです。

交番は誰にでもお金を貸してくれる訳ではない

では、誰にでもお金を貸してくれるのかというとそうではありません。一番多いパターンは、外出先で財布を落とした・財布を盗まれて所持金がゼロなり、帰宅するための交通費すら持っていないという場合でしょう。

 

そのほかには行方不明者の保護や、病人や交通事故の被害者の保護にも使われるようです。では、いくらまでなら借りられるのかという疑問がわいてきます。

借りれる金額は本当に立替程度

公衆接遇弁消費として借りられる限度額は1,000円です。しかし、1,000円では帰宅するための交通費としては足りない場合もあるはずです。

 

その場合は、事務担当者に報告が必要になります。さらに承認も必要になるので、1,000円以上を超えて借りるのは非常に難しくなります

 

 

1,000円じゃ足りません!!


知人・家族に連絡して交番では借りないのがベスト

ただ、きちんと書類にも記入し承認されれば借りることは可能です。もちろん借りたお金ですから、早急に返還しなければなりません。原則は、お金を借りた交番に出向いての返還ですが、どうしても遠方になる場合は最寄りの交番でも受け付けてくれるようです。

 

そのあたりは、借りる際にきちんと説明を受けるのが良いでしょう。お金が無くなれば安易に借りればいいという制度ではないので、そのあたりをしっかり確認して借りられることをお勧めします。

 

交番でお金を借りるのは最終手段と考え、できれば知人・家族に連絡をとり、迎えに来てもらうのがベストでしょう。

 

お金を借りれるカードローンを条件で絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関