お金を借りる

MENU

キャッシングを受けた後の返済計画の立て方

ネットでお金を借りた場合、併せて考えておきたいのが返済計画についてです。

 

 

借りればこっちのもんだ・・・


どんなケースであっても融資を受けた金額というのは必ず返済をしなければなりませんので、返済計画を立てることはとても重要です。

 

 

そんな事云っている人に限って後から後悔するんです!


そんな返済計画の立て方としては、ひとつは「毎月の返済額を決める」というものが一般的です。消費者金融をはじめ、銀行系カードローンを利用する場合には毎月の最低支払金額を決めた「約上支払額」というものが決められています。

約上支払額と完済日の確認

例えば10万円を借りたら毎月5,000円支払うといったものがそれにあたりますが、この場合に必ず確認しておきたいのが「返済完了」になるのが「いつ」なのか、という点です。

 

 

いずれは完済できるだろう・・・


消費者金融業者のホームページでは返済シミュレーションというものが用意されている場合が多く、適用される金利と毎月の返済額を入力することでおおよその返済期間を表示することができるようになっています。

 

 

そんな考えじゃいつまで経っても終らないよぉ〜。


こうしたものを利用すると短時間で返済期間を確認することができますので、これでまずは現状で返済を続けた場合の期間を調べておきましょう。ここで重要となるのはトータルで支払う利息の金額についてはそれほどこだわらない、という点です。

重要なのは無理なく完済する事

あくまでも返済をし終えることが返済計画では重要なポイントとなりますので、無理なく返済できる範囲で計算することが大切です。

 

 

予定より早く返済するには副収入が必要だなぁ・・・


この段階で返済期間についてそれほど問題がないようであれば毎月の返済額はそのままで良いのですが、もしももう少し早く完済したいという場合には毎月の返済額を増やすといった方法になります。

 

ここで気をつけたいのが、返済期間を短縮することだけを優先して毎月の返済額に無理が出てくる可能性についてです。

 

 

ギャンブルや投資などで副収入を得ようというのは本末転倒ですわよ!


毎月の返済を無理して支払を続けた結果滞納してしまうということでは返済計画を立てる意味がありませんので、まずは返済可能な金額を改めて明確にしておくことから計画を立てていくとスムーズに進めることができます。

 

お金を借りれるカードローンを条件で絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関