お金を借りる

MENU

借りたお金が返済できない場合はどうなるのか?

カードローンを利用してお金を借りた場合、その融資を受けたお金というのは必ず返済しなければなりません。これはそういう契約のもと融資を受けているわけであり、返済ができなければそれは契約違反ということになります。

 

 

返済するの忘れてて返済日過ぎてたよ。故意じゃないから何とかならないかなぁ・・・


ではもしも借りたお金が返済できなければどういうことになるのでしょうか。まず、どんなカードローン業者であっても毎月支払うべき「返済日」と「返済金額」というものが決められています。

 

 

理由はどうあれ自分のミスだから損害金をきっと請求されるわ!


それを過ぎても返済されない、あるいは少ない金額しか支払われていないとなった場合にはまずカードローン業者から連絡が入ります。

遅延損害金の計算方法

キャッシングを利用する際に融資の契約を結ぶのですが、ここには返済が滞納した場合における規定も記載されており、その場合には「遅延損害金」を含めて支払う必要がある旨が記載しています。この遅延損害金は融資を受けた金額に一定の掛け率を計算したもので、

 

 

どのくらいプラスして払う必要があるんだい?


返済時に支払うべき金額に遅延損害金を含めて支払う必要があります。また、この遅延損害金は日割りで計算される場合がほとんどなので、返済が滞納になった時間が長くなるとそれだけ多くの遅延損害金を支払わなければなりません。

 

 

過ぎている日数によるわよ。大手の消費者金融の遅延損害金の利率は大抵20%よ!


そのため、もしも返済が遅れそうな場合にはできるだけ早い段階で連絡を入れることが望ましいといえます。

滞納し続けるとどうなる?

また、遅延損害金が発生する、しないにかかわらず「返済する」という契約で融資を受けているわけですから、返済が遅れそうな場合に一本連絡を入れるのはマナーとしても重要です。さて、そのままもしも返済が滞り続けるとどうなるのかといえば

 

 

業者からは督促状が届くからその前に対処しておくべきよ。


また、延滞した情報というのは個人信用情報機関にも登録されることになり、その後のローンの利用に影響を及ぼすことになります。

 

さすがにドラマなどでよくあるような「借金取り」が家や会社に来るといったことはありませんが、最悪の場合裁判所から連絡が入ることもありますので返済を滞納することはできるだけ避けるようにしたいところです。

 

お金を借りれるカードローンを条件で絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関