お金を借りる

MENU

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる

お金を借りる方法といえば、消費者金融や銀行系カードローンを利用したキャッシングが代表的なものとなっています。こうした方法の他にも「お金を借りる」ための方法には様々なものがあり、「契約者貸付制度」もそのひとつです。

 

 

生命保険を担保にお金を借りれるって聞いたんだけど・・・


この「契約者貸付制度」とは、生命保険を契約している人が利用できる制度のことであり、

 

 

生命保険の解約返戻金を担保として一定範囲内で融資を受けることができる貸付です。


従って、生命保険の契約をしていない人の場合はこの制度を利用してお金を借りることはできません。「契約者貸付制度」を利用して借入を受けることができる金額は解約返戻金のうち70〜90%前後となっています。

契約者貸付の借入方法は?

この範囲については実際に借入を受ける生命保険によって異なりますので、利用前に確認しておくことです。当然ながらこの制度を利用してお金を借りることができるのは生命保険の契約者本人のみとなっています。

 

借入の方法としては、ATMで専用のカードを利用する方法や指定銀行口座に入金してもらう方法など様々なものがあり、契約している保険会社によって異なります。

 

 

利用するためにはまず契約している保険会社に連絡をします。


この時には保険の証券番号が必要なので、手元に保険証書を用意してから連絡をするようにしましょう。その後、

 

 

保険会社から貸付に必要な書類が郵送で送られてきますので、この書類に必要事項を記入して返送します。


返送する書類については保険会社によっては別途必要書類がある場合などもありますので用意しなければならない書類については改めて確認しておきましょう。

 

 

利率はどの程度なんだろう・・・


適用される利率については、

 

 

契約している保険の予定利率に1〜2%ほど上乗せされた利率設定となっている場合がほとんどです。


こちらも契約している保険会社や生命保険の種類によって異なりますので併せて確認しておきたいところです。生命保険の契約者本人でなければ利用することはできませんが、お金を借りる方法のひとつとして考えておいて損はありません。