お金を借りる

MENU

不動産を担保にお金を借りる

お金を借りる方法の中には、不動産を担保としてお金を借りるといった方法もあります。この方法の特徴は、

 

 

自身が所有する土地や建物といった不動産を担保として融資を受けることができるという点にあります。


消費者金融や銀行系カードローンの場合、担保や保証人を用意することなく融資を受けることができるため、誰でも手軽に申し込むことが可能です。但し、その反面融資を受けることができる金額については少額である場合が多く、

 

 

高額の融資を受けたい人にとっては無担保ローンでは中々難しい面があるなぁ・・・


不動産担保ローンと無担保カードローンの違い

この不動産担保ローンの場合は、自身の所有する不動産を「担保」として提供することによって、返済能力などの「信用度」を高めることができます。そのため、消費者金融や銀行系カードローンで融資を受けることができる金額よりも

 

 

不動産担保ローンは高額の融資を受ける事のできる可能性の高い信用を持っています。


また、ここで担保として提供できる不動産については自身の所有する建物や土地だけでなく、両親や配偶者など親族名義の不動産も担保として利用することが可能です。この方法におけるメリットとしては不動産を担保として提供していますので、

 

 

無担保ローンのほうがリスクが高いっことかぁ・・・


融資を行う側にとっても回収できなかった場合のリスクが少ないことから低金利で利用できるという点にあります。融資可能な金額については、担保として利用する不動産の価値によって異なりますが、

 

 

消費者金融や銀行カードローンで利用できる融資金額よりも高額の融資を受けることは容易だと考えられます。


不動産担保ローンのおまとめ利用と不動産担保ローンのデメリットとは?

更に他の金融機関や消費者金融などから借入を受けている借入をまとめるといった「おまとめローン」としても利用可能です。返済期間についても融資可能な金額が高額であることから長期の返済ができるようになっているのも特徴のひとつです。

 

 

デメリットとしては不動産を担保としているため返済できない場合には土地や建物を失ってしまうという点です。


低金利で高額の融資を受けたい人は検討してみても良い方法かもしれません。

 

お金を借りれるカードローンを条件で絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関