お金を借りる

MENU

勤務先の会社からお金を借りる従業員貸付制度

お金を借りる方法の中でもあまり知られていないのが従業員貸付制度です。この方法は、ひらたくいえば勤めている会社からお金を借りることができるというものであり、消費者金融や銀行カードローンなどからお金を借りる場合に比べるとはるかに

 

 

安い金利でお金を借りることができるという特徴をもっています。


もちろんこの制度が導入されている会社に勤めていることが条件ではありますが、気になる人は一度確認してみると良いでしょう。

 

 

従業員貸付制度のない会社で勤めているケースでは全く利用価値のない貸付かも・・・


従業員貸付については実際に融資を行っている企業によって金利や融資可能額などの規定が異なりますが、共通しているのは融資であっていわゆる給料の前借りではないという点です。

従業員貸付制度の目的とは?

この従業員貸付制度の目的は、お金が必要な社員に対して会社が融資を行うことで、本来の業務に専念してもらうという点にあります。

 

 

返済は給料から天引きされるのかなぁ・・・


たとえば消費者金融でお金を借りる場合に比べると借入先が自身の勤務先であることから、従業員にとってはかなり安心して利用することができるというメリットがあります。また、給料の前借りではありませんので、毎月支給される給与が減るといったこともありません。

 

 

従業員貸付制度ある会社によって違うんじゃないか・・・


さらに、融資を受ける際に適用される金利についても消費者金融などからお金を借りる場合に比べるとかなり低金利で利用できる場合がほとんどです。企業からすれば、営利目的で融資を行っているわけではなく、

 

 

幾らくらい融資が可能なんだろう・・・


従業員の福利厚生の一環として行っている場合が多いため、金利についてもそれほど高く設定されていません。そんな従業員貸付制度で借入を受けることができる金額としては

 

 

多くて30万円、平均すると10万円前後である場合が多いようです。


このあたりの細かい規定については、実際に従業員貸付制度が用意されている企業によって異なります。先述の通り、この制度は企業によって用意されていないケースもありますので、まずは勤務先の総務部などに確認をしてみると良いでしょう。

 

もし利用できるようであれば、同時に細かい規定についても相談してみると良いかもしれません。