お金を借りる

MENU

友人からお金を借りる

お金を借りる方法のひとつに友人からお金を借りるというものがあります。この方法の場合は、その人とのこれまでの人間関係が大きく影響してきますので当然ながら借りたお金は確実に返済するようにしなければその後の友情にも大きな亀裂が生じるケースも考えられます。

 

 

借りるなら借用書を作って交わしておくべきかなぁ・・・


とはいえ、現実問題としてお金が必要であることに変わりはありませんので、どうすれば人間関係を壊さずに友人からお金を借りることができるか、ということを考える必要があります。その方法のひとつが借用書を作るというものです。友人にとっては

 

 

そこまでしなくても返済してくれればそれでいいよ・・・


と言ってくれるかもしれませんが、そんな相手だからこそやるべきことはしっかりとしておきましょう。借用書のポイントとしては、いくら借りていつまでに返済するのかということを具体的に記述することです。

友人からの借金に対する利息の支払い

それによって、返済期限が区切られることになり、お金を貸した側にとってもこの借用書をもとに返済を催促することができるようになります。次に、友人からお金を借りた場合にはとにかく何をおいても優先的に返済を進めるべきです。つまり、

 

 

少しでもお金が入ったならすぐに友人から借りたお金の返済にあてます。


勿論、返済期日がまだ来ていないなら、敢えて全額返済する必要はありませんので現段階で返済できる金額を支払えば良いでしょう。そして、その場合にはできれば利息も支払っておきたいところです。

 

 

利息を支払うと言っても受取ってくれるだろうか・・・


友人同士のお金のやりとりなので、利息については法的な義務はありません。しかし、お金を借りる側のマナーとして利息は支払った方が望ましいので、返済時には利息も含めることを提案してみてはいかがでしょう。それほど高い金利を設定する必要はありませんが、

 

 

それでも利息を支払うことでより信用度を高めることができます。


親しき仲にも礼儀あり、友人からお金を借りるからこそきっちりしておくべき部分はしっかりとルールを決めてそれに従うべきでしょう。