お金を借りる

MENU

奨学金制度でお金を借りる

進学したいと思っていても、大学などで学ぶための学費を支払う余裕がない、そのような場合に利用することができるのが奨学金制度です。この方法は、おそらく学費を借りるための方法として最も代表的な方法として、実際に利用したことがない人であっても

 

 

奨学金制度って聞いたことはあるけど・・・


こうした制度があることは多くの人がご存知だと思います。奨学金は、教育ローンと同じく進学に必要なお金に対して借り入れるというものであり、国や都道府県などが行っている公的なものと民間団体から借り入れるものとに分けられます。

教育ローンとの違いは?

いずれの場合も奨学金はあくまでも融資であることから、その後返済をする必要があります。

 

 

教育ローンとの違いは・・・


奨学金の契約をするのは実際に進学したい意思をもった学生本人であるという点です。

 

 

教育ローンの場合は進学する学生本人ではなくその学生の保護者


であるため、返済義務は保護者にありますが、奨学金は学生本人が借入を受けるもののため、その後の返済についても本人が進めていく必要があります。そんな奨学金の審査では、

 

 

  • 学力や能力をもっていること
  • 進学する意思があること

などが要件となりますが、その中でも特に重視されるのが家庭の経済的な理由です。

奨学金制度利用の重要な要件とは?

進学することも難しいほど家計が困窮しているかどうか、これが奨学金を利用するうえでの審査項目となっていますが、これは奨学金の返済が就職してからスタートするという理由も関係しています。

 

 

奨学金のメリットって・・・


教育ローンを含め、各種ローン商品というものが利用開始後すぐに返済が始まることを考えると、奨学金で借りたお金をというものは

 

 

本人が学生の間は返済しなくても良い制度です。


因みに教育ローンなどの各種ローンに申し込むためには銀行などの金融機関に相談する必要がありますが、奨学金の場合は学校が申込の窓口となっています。こうした背景や社会的な認知度も高い事から奨学金はお金を借りる為の方法の中でもやや特殊な制度といえます。