お金を借りる

特定調停のメリットとデメリット

 

特定調停のメリット

債務整理をする場合は、債務者の実際の財務状態によっても違ってくるため、債務整理の自分適したものを選ぶ必要があります。特定調停は、この中においても別の債務整理とは違って、司法書士や弁護士に債務整理を依頼しないで、

 

 

任意整理を債務者自身が行いたい場合に利用するものです。


そのため、司法書士や弁護士に依頼する費用の着手金などが要らなくなるため、安くなることが最大のメリットでしょう。しかしながら、デメリットとして、複雑な債務整理の手続きを、同時に全て個人で行う必要があります。

特定調停のデメリット

そのため、不備が裁判所に出した書類にある場合には、やり直しを裁判所から何度も命じられることがあります。また、債権者に必要な書類を準備するために、打診をする必要があります。

 

一般的には、司法書士や弁護士が行ってくれる難しい交渉や手続きを、自分で全て行うことが必要になります。このようなことから、債務整理としてはお金が安いというメリットが非常にあるとは必ずしも言えないところもあるのではないでしょうか。

 

しかしながら、この中においても、債務整理の方法として特定調停というものがあるのは、理由がさまざまあるのでしょう。まず、特定調停は、司法書士や弁護士にお金を払う必要がないため、全く現金が手元にない場合にはメリットが非常にあるものです。

 

さらに、特定調停であれば、免責という借金が免除されるものを受けられない、借金のギャンブルなどのものがある場合など、どのような借金の理由の場合でも和解交渉をすることができます。また、

 

 

官報に自分の名前が掲載されるようなことは特定調停の場合にはありません。


そのため、他の人に債務整理をしたということが知られる場合はありません。特定調停というのは、このようにメリットが色々あります。ですが、基本的には素人である個人が特定調停を行うようになる為、必ず成功するとは云えないデメリットもあります。

スマホ・携帯でお金を借りる場合のコンテンツ検索

PC・スマホからお金を借りるBEST4
高額のお金を借りたい
今すぐ!お金を借りたい!
今日会社休みだけどお金を借りたい!
専業主婦でもお金を借りれる?
無利息期間付でお金を借りたい!

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top