お金を借りる

MENU

返済方法と考え方

お金を借りる方法についてはそれほど難しいことではないでしょう。インターネットでちょっと調べれば、お金を借りる方法についてはたくさん出てきますし、消費者金融業者によってはネット上でお金を借りるといったことも可能です。

 

しかし、その反面お金を返す方法についてはそれほど情報がないのではないでしょうか。借りたお金というものは必ず返済しなければなりませんし、返すことができなければそれなりのペナルティが課せられるのが「お金を借りる」ということです。

物理的返済方法と返済計画の違い

お金を返す方法とは、いわゆる「返済方法」だけのことではありません。ただお金を返すというだけであれば、銀行振込や専用ATMを利用した返済方法など様々な方法が用意されていますが、これはあくまでも「用意したお金を返すための物理的な方法」です。

 

確かにこうした返済方法を確認しておくことは重要なことなのですが、もっと重要なことは、返済するためのお金をいかにして用意するか、という点にあります。これこそがいわゆる「返済計画」であり、

 

 

借りれることになったけど、返済して生活費に余裕はあるのか?


たとえば毎月の収入の中からいくらまでなら用意できるか、いくらまで返済に回すことができるか、といったことを確認しておくという作業です。お金を借りる事自体は融資が決定すれば容易ですが、その後の返済は考え方次第です。

 

その為に先ずは「いつまでに返済する」という時期を明確にします。そのうえで、毎月いくら返済すればその時期までに完済できるか、という目処をたてます。この段階で無理があれば借りる金額を調整する必要があります。

 

 

何も考えずに借りていると大変なことになるわよ!


そうすることで、実際にお金を借りる際に必要な金額というものが見えてきます。つまり、借りる金額ありきではなく返すことができる金額ありきで考えた方が失敗の少ない結果につながりやすい、ということになります。

 

お金を借りる場合というのはどうしても「すぐに借りたい」という気持ちが先に走るものですが、その際には「返すための方法」というものもあらかじめ考えておきましょう。

 

お金を借りれるカードローンを条件で絞り込み検索

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関